Presented by B.B.C./Biwako Bass Communications

Editorial
Vol.75(07/12/29)

初音ミクって知ってる?

 初音ミクというのは今年8月31日に発売されたDTMパッケージソフト。DTMはデスクトップミュージックの頭文字で、パソコンに音楽を入力して自動演奏させるわけだが、この初音ミクは楽器だけでなくボーカルも入力することができて、しかもオリジナルキャラクターのバーチャルアイドルが歌って踊るアニメーションを作ることができる。そのバーチャル少女歌手の名が初音ミクで、ソフトのカテゴリーとしてはボーカロイドと呼ばれている。キャラクター・ボーカル・シリーズ01とパッケージにあるから、いずれ老若男女、民謡、演歌からクラシックまでいろいろな続編が出てくるのかもしれない。

 初音ミクはその新機軸が受けて、1万6000円もする高価なソフトであるにもかかわらず、発売直後から売り切れが続出。その後も異例の売れ行きが続いている。なんでこんなソフトが売れるのか!? どっちみち、どこかのオタクが買ってるんだろうと思われたあなたは現状認識が甘い。甘くて、甘くて、角砂糖に蜂蜜をかけたぐらい甘過ぎるってなもんだ!! それが釣りにどんな関係があるんだって言うあなた。そう、そこのあなた!! 話はまだまだこれから面白くなって、最後にはちゃんとオチまで付けてあげるから、文句言わずに読みなさい。あー、もう、ちょっと難しい話をするとこれだから、面倒くさいったらありゃしない。

 DTMというのは非常に手間暇のかかるソフトで、きっちり演奏させようと思ったら各楽器の1音々々をていねいにコントロールしないといけないから、素人が簡単に手を出せるものではない。それに加えてこのソフトの場合は、初音ミクに歌って踊らせないといけないから、さらに手間暇がかかる。噂を聞いて買ったはいいが、手に負えず投げ出してしまった御仁も少なくない。それでもパッケージが売れたのは、もちろん面白いと評価されたからだが、もう一つ、できあがったアニメの発表の場として動画投稿サイトの存在が大きい。

 動画投稿サイトはBassingかわら版でもムービー配信に大いに利用させてもらっているが、Web2.0と呼ばれるネットサービスの一つで、日本では今年に入って急伸してきた。YouTube、にこにこ動画などが有名で、その急伸ぶりに各方面から注目が集まり、エリザベス英国女王のクリスマスメッセージが流されたり、自民党がチャンネルを開設するなんて話もある。そこに初音ミクのアニメを投稿すれば、簡単に検索して観てもらうことができるというわけ。

 なーんだ、それだけかと思ったあなたは、現状認識が甘いどころか、もはやその味覚が失われてしまって、甘い辛いの区別さえ付かなくなってしまってやしないか!? ビデオの録画、自分でちゃんとセットできてる?

 問題はここから先。初音ミクと動画投稿サイトの組み合わせで何が起こっているかということ。アマチュアミュージシャンが自分のオリジナル曲をCDやウェブキャストで発表しても、おいそれと聞いてもらえるものではないが、初音ミクに歌わせたアニメを動画投稿サイトにアップすれば聞いてもらえるチャンスが拡がる。曲さえよければネットの中でその噂が勝手に拡がり、新しいアイドルや作曲家が誕生する。そんな可能性がすでに現実のものになりつつある。

 そんなヒット曲の一つに目を付けた某社が著作権管理団体に登録した際に、アーティスト名が曲の作者ではなく初音ミクとなっていたことから、ミクファンの反発が起こってネットで大騒ぎ。曲の登録元と初音ミクのソフト発売元がネット上でコメントを応酬し、お金儲けしようとして著作権登録した会社は逆に株価が下がる事態にまで至った。ここまでが、わずが4カ月足らずのできごとだから、たかが素人のネット遊びとバカにできないのである。

 初音ミクという新しいソフトと動画投稿サイトという新しいメディアの組み合わせでこのようなことが起こる。それと似たようなことがバスフィッシングの世界でもすでに起こり始めてるんだけど、あなたは気付いているだろうか。Bassingかわら版なんて知らないよ、なんてふりしながら実は逐一見てる業界人のあなた。あなたに言ってんだよ!! もし気付いてないとしたら、もはや現状認識が甘い辛いどころか、あなたのバスアングラーとしての五感は真冬の琵琶湖の寒ささえ感じないほど鈍くなってしまってるかもしれない。そのことに気付きもしてないんじゃないか!?

 そんなことにならないように、2008年もがんばって釣りに行こう!! ごくごくご〜く一部の人達に流行のきざしのあるネット依存過多症候群に感染しないためには、少しでも多く釣り場に立って抵抗力を身に付けること。そうすればネットで起こってることも自然と見えてくる。釣りはあくまで最初に現場ありきの遊びだから、釣りの現場を踏まずしてネットで起こってる現象が理解できるわけがない。そのことをくれぐれもお忘れなく。

Bassingかわら版Editorialのバックナンバーへ