格言、名言、箴言のインデックスへ

■07/12/28

11月に滋賀県大津市で開催された第27回全国豊かな海づくり大会に寄せる陛下の御製が11月27日に宮内庁から滋賀県に伝達された。ほかに北海道の全国植樹祭、秋田県の国体に寄せる御製も伝えられた。読みは「古き湖(うみ)に/育(はぐく)まれきし/種々(くさぐさ)の/魚安らかに/住み継ぐを願ふ」豊かな海づくり大会における陛下のお言葉については様々な意見があるが、琵琶湖のバスアングラーとしてはこの御製に託された陛下のお気持ちを素直に受け止めたい。

■07/12/08

新宮港の岸壁で一緒に釣りをしたモルモンの若い宣教師が別れ際に手渡してくれたメッセージカードに新約聖書の一節からの引用があった。12使徒の何人かは魚を獲っていた漁師で、「私についてきなさい。あなたがたを人間をとる漁師にしてあげよう」とイエスから言われて、漁網も船も捨ててイエスの弟子になり、後に12使徒と呼ばれるようになったそうなんだけど、キャプテン服部にそんな言葉を贈られても、ボートも釣り竿も捨てて信仰に身を捧げるのはとても無理!! メッセージカードをくれた宣教師にそう言ったら、「服部さんはそうですよね」とあっさり肯定してくれた。あんたもよくわかってんじゃないの。イエスから2000年後の現在、この言葉を口にするのに最もふさわしいのは……商売上手な有名アングラーの顔がパラパラと脳裏に浮かんだあなたは、よくわかってらっしゃる!!

■07/08/27

なぜか大臣就任前のイージス艦機密漏洩事件の責任を取るとして第二次安倍内閣での留任を望まない意向を示した小池百合子防衛大臣(発言当時)が、自民党の参議院議員選挙ボロ負け後に「初訪米で米政府から異例の厚遇を受けた」ことを伝えたasahi.comの8月11日付記事の記載。「防衛省幹部の間には『小池氏が首相候補として欲がないと言えばウソになるだろう』との見方もあるが、小池氏自身は、日本新党を皮切りに各政党を渡り歩いてきた経歴から『私は(自民党の)外来種。考えたことはない』」これは外来種が相当なトラウマになってると見た!! 問題は、経験から学習してるのか、恨むことしかできない器なのかということなんだけど、今さら機密漏洩の一件を持ち出して斜陽内閣での続投を回避する、いかにも元テレビ人らしい選挙民をなめ切った泳ぎっぷりを見ると、あまり期待しない方がいいかもしれないね。

■07/08/07

ひさしぶりにIT media +Dの小寺信良さんのコラムから引用。総務省の情報通信審議会が7月12日に開いた「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」で「コピーワンス、9回までOKに」の方針が打ち出されたことについて、「結局のところ何が言いたいかというと、『琵琶湖で金魚すくいをするにはどうすればいいか、ちゃんと考えたか?』という話なのである。(改行)網を広げて一生懸命金魚を1カ所に囲い込もうとしても、広大な空間の上から下から隙間から、必ず金魚は逃げ出してしまう。それよりも、金魚の方から勝手に集まってくるような手段を考えなければならないのだ。(改行)権利者は、考えに考えてJEITA攻撃のミサイル発射ボタンを押したつもりかもしれないが、客観的に見ると一番派手な自爆ボタンを『ポチッとナ』してしまったのではないか?」とあいかわらず鋭い!! IT mediaの記事は昨年末だったか今年に入ってからかよく覚えてないが、筆書のシステムではちゃんと表示されなくなってしまっていた。小寺さんのコラムを読むことができなくなったのはとても残念だけど、これも時代の趨勢かとあきらめていたのだが、本日チェックしたらなぜか元通り読めたではないか。ネットでこんな復活劇があるとは、まったく思いもかけないこと。うれしくなって、さっそく5編ほど一気読みした中でピンときたのが、「『1世代コピー9th』では誰も幸せになれない」というタイトルのコラムの終わり近くにあったこの言葉。コラムの内容はバスフィッシングとはほとんど関係ないが、うれしかったから紹介した次第で、琵琶湖で開催されたらしい駆除トーナメントとは何の関係もない。某教団の関係者が「一番派手な自爆ボタンを『ポチッとナ』してしまったのではないか?」と言いたいわけでもない。しばらく前の記事、「CGV(Consumer Generated Video)の成立要因と収益モデルを考える」は、ネットストリーミングをなんとか飯の種にしようと四苦八苦しておられる釣り業者の参考にはなるかもしれないね。読んで理解できたらの話だけど……。

■07/03/20

事務所費疑惑について、なんとかイオン水や1ボトル5000円のミネラルウオーターを飲んでるとか飲んでないとか騒がれた松岡利勝農林水産大臣の釈明。これ、いいねえ!! 水産の所管大臣がこう言うんだから、バスアングラーも率先して見習おう。琵琶湖で釣ったバスは、法律の定めるところに従って適正に処理しております。

格言、名言、箴言のインデックスへ